学内団体紹介

首都大学東京ボランティアセンターには、
現在11の学内団体が登録しています。

首都大学東京 応援団リーダー部

首都大学東京 応援団リーダー部 イメージ

我々応援団リーダー部は体育会各部の試合応援を主として活動しております。 硬式野球部、準硬式野球部、サッカー部、アメリカンフットボール部、アイスホッケー部など、非常に多くの部活の試合応援に参加させていただいております。またそれだけでなく、横市戦や府大戦などの他大学との定期戦、みやこ祭、地域のイベントなどにおいての演舞も行なっております。このように様々な場所にて活動しているため、人との出会いがとても多いという点は他にない魅力であります。

主な活動日・活動場所

週3、南大沢キャンパス猿山前

連絡先等

<Twitter> @tmu_leader

首都大学東京 児童文化研究会

首都大学東京 児童文化研究会 イメージ

私たち児童文化研究会の活動は、児童館で子どもたちに人形劇を見せることです。年六回の公演に向けて日々練習や準備に取り組んでいます。さらに、他のボランティア活動にも力を入れています。主な内容としては、児童館で子どもたちに勉強を教えたり、子どもたちと遊んだりすることです。また、老人ホームに行き、ご年配の方々と一緒に人形劇を行なったり、大学で留学生に人形劇を教えたりといった活動も行なっています。こういった人形劇や活動を通して、私たちのサークルでは、多くの方々との交流を楽しむことができます。

主な活動日・活動場所

2ヶ月に1度人形劇を行なっています。場所は児童館が主ですが、大学内で行う場合もあります。他にも児童館でのボランティア活動は年中行なっています。

連絡先等

SCOK

SCOK イメージ

生活困窮家庭の子ども(主に中学生)に対して、親の経済格差による教育格差によって引き起こされる貧困の連鎖を断ち切るために、我々大学生ボランティアが彼らに対して学習支援を行ったり、彼らにとっての居場所となるような場であるように活動している。具体的には、子どもに対して、基本的に1対1の形で大学生ボランティアが付き、勉強を教えることや、子どもの相談や話を聞くことが主な仕事である。

主な活動日・活動場所

活動日:月曜を除く平日(参加は月に1回程度から大歓迎です!)
活動場所:橋本駅・相模原駅・相模大野駅のいずれか、曜日によって異なります。

連絡先等

東日本きずなプロジェクト

東日本きずなプロジェクト イメージ

私達は、本学唯一の震災関連団体です。より多くの人に東北に興味・関心を持ってもらえるよう、「東北の魅力を周囲の人に発信し、きずなが生まれるきっかけづくりを目指す」という方針で活動しています。具体的には、年に数回、岩手県大槌町を中心に三陸地域を訪れるツアーを企画して震災学習をしたり、地元の方にお話を伺ったり、お祭りに参加したりしています。また、東北の郷土料理を試作・試食する等のイベントの開催、新聞を作成し配布・掲示といった活動も行なっています。

主な活動日・活動場所

週1回程度、メンバーによるミーティングを南大沢キャンパス内教室等にて開催。
年に3~4回程度、三陸地域へのツアーを開催。
年に数回、関東圏・大学周辺にてイベントを開催。

連絡先等

首都大学東京チアリーディングサークル WILD BOARS

首都大学東京チアリーディングサークル WILD BOARS イメージ

こんにちは!首都大学東京チアリーディングサークルWILD BOARSです。私たちは年二回の大会出場や学祭、地域のイベント出演を目標に、和気あいあいと練習をしています。私たちと高校時代を超えるような大学生活を送りませんか??未経験でも大丈夫なので、ぜひぜひ体験や見学に来てください♩イベント情報についてはSNSをご確認ください!

主な活動日・活動場所

毎週 水、金、土 7号館スタジオや八王子市立愛宕小学校

連絡先等

<Mail> cheerleading.tmu@gmail.com
<Twitter> @tmucheer
<新歓用Twitter> @WILDBOARS_TMU
<instagram> @tmu_wildboars
<H P> https://cheerleadingtmu.wixsite.com/wildboars

&TMU~首都大学東京と南大沢と地域のあなた~

&TMU~首都大学東京と南大沢と地域のあなた~ イメージ

高齢者を中心に南大沢に住む人を対象とした、コミュニティ・カフェを本学にて開設・運営する。本学の教員・学生と地域の住民が一体となって、月に一回開催される「コア会議」を通し様々なアイディアを出し合うことで、南大沢にはどのような地域活動が必要なのか共に構想する。大学と地域が連携したコミュニティ・カフェ活動を通して、南大沢の地域性にあった地域包括ケアシステムのあり方を検討していく。

主な活動日・活動場所

首都大学東京 南大沢キャンパス国際交流会館で月に1回程度

連絡先等

グリーンカーテン世話し隊

グリーンカーテン世話し隊 イメージ

理学研究科グリーンカーテンプロジェクトの補助をします。専攻に関わらずグリーンカーテンに携わりたいという動機で発足しました。
グリーンカーテンの苗植えやプランターの設置、日々の水やり、取り外し等の手伝いを行います。日々の世話は空きコマや集中講義の休み時間など、各自の都合のつく時の活動でかまいません。ゴーヤなどを収穫することができます!小さなパーティをすることもあります。

主な活動日・活動場所

5月~10月の間、週0回~、南大沢キャンパス8号館ベランダ

連絡先等

首都大学東京 体育会 硬式野球部

首都大学東京 体育会 硬式野球部 イメージ

首都大学東京体育会硬式野球部です。普段は南大沢キャンパスの野球場で週4日,部活動に励んでいます。部員はマネージャーを含め30名ほどで,様々な学部の学生が所属しています。基本的に春・秋のリーグ戦に向けて練習していますが,今年から学外にも活動の場を広げようとボランティア活動を始めました。小中学生を対象とした野球教室などを通して,野球の魅力を少しでも多くの方に知っていただければ幸いです。

主な活動日・活動場所

練習日:火、水、金、土(野球場)
 ボランティア:不定期(南大沢周辺の小中学校)

連絡先等

<Twitter> @tmu_bbc

災害復興・都市防災研究室

災害復興・都市防災研究室 イメージ

都市計画額をベースに自然災害被害を最小化し、被害が生じた際も回復力を持った(resilientな)建築・都市空間の計画論をつくっていくことを目指しています。都市・建築の計画、設計において災害リスクをどう評価したらよいか、また被災地に求められる建築とは何かをテーマとしています。
研究活動は大きく分けて、東日本大震災・熊本地震等の被災地、東京におけるコミュニティの現場となっており、両側面で展開しています。

主な活動日・活動場所

一年を通して、東北や熊本の被災地だけでなく、南大沢やその他多くの地域で活動しています。

連絡先等

<研究室HP> http://ichiko-lab.org/

いきもの!サークル東京

いきもの!サークル東京 イメージ

いきものに興味関心を持ってもらうことを目的として、ビオトープ開発や日向緑地の動植物図鑑作製などの活動を行なっています。特に節足動物園の開園を精力的に取り組んでおり、どの世代でも楽しめる工夫をして標本・生体展示をしています(節足動物とは昆虫やムカデ、クモなどの総称です)。バクテリアから動植物・菌類まで、いきものが好きならどなたでも歓迎です!一緒にいきものを面白さを発信しませんか?

主な活動日・活動場所

・春から秋:週1回(平日午後) 冬:不定期
※その他必要に応じて活動。
・活動場所:松木日向緑地

連絡先等

<Twitter> @tmunathis

<公式LINE>@heo7237p

<Mail>ikimono.tmu@gmail.com 

Benévole

Benévole イメージ

認定NPO法人Habitat for Humanity Japan 首都大学東京学生支部Benevoleです!活動は主に2つで、長期休暇の建築ボランティアと週1の全体ミーティングです。建築ボランティアは主に東南アジアで行い、私たち大学生で企画・運営をしています。チームで協力して企画・運営を行い、現地の人々との交流することはすごく楽しくて一生の思い出になります!週1のミーティングでは建築ボランティアの打ち合わせ及び、建築ボランティア以外のボランティアの企画を行っています。国際ボランティアに興味がある、東南アジアに行ってみたい、自分を変えるきっかけがほしい人、いつでも遊びに来てくださいね~~

主な活動日・活動場所

昼休みの時間に週1程度、南大沢キャンパス内の教室または交流スペース

連絡先等

<Twitter> @tmuBenevole

<Instagram>@tmubenevole

<Mail>benevole.vo@gmail.com