地域ボランティア​プログラム「松木日向緑地​プログラム」

“首都大・松木日向緑地”をフィールドとした
里山保全・多世代交流活動

活動テーマ

「首都大・松木日向緑地」をフィールドとして、多世代による里山保全と利活用を通して豊かなコミュニティを形成する。

扱う社会課題
  1. 里山の荒廃による生態系への影響
    (環境的課題)
  2. 自然利用の技術・文化の伝承の断絶
    (文化的課題)
  3. 本学が有する豊かな資源に対する認知度の低さ
    (本学の課題)
活動内容(社会課題に対する取組)
  1. 竹林の間伐と竹炭づくりなど緑地保全と資源の利活用
  2. 小中学校と連携した自然体験活動、環境学習の企画・運営
  3. 高齢者と子どもたち等あらゆる世代の地域住民が集える拠点(サード・プレイス)づくりと場の運営
  4. 緑地の魅力を発信する活動
期待する成果
  1. 地域課題を把握し、解決に向けて自発的、主体的に取り組める人材の育成
  2. 近隣の小学生や高齢者など地域住民との協働作業による多世代交流の促進
  3. 本学がもつ資源の利活用・発信

活動場所

  • 首都大学東京 南大沢キャンパス 松木日向緑地

連携団体

  • 「ひなた緑地遊学会」
  • 近隣の小学校 など

活動報告

    活動イメージ

    竹林整備
    イメージ01
    イメージ02
    リアカー
    伐採した竹を活用した多世代交流
    竹水鉄砲を使用した「サル山水合戦」
    竹水鉄砲を使用した「サル山水合戦」
    竹炭・花炭づくり
    竹炭・花炭づくり
    木工体験
    木工体験